2011年02月11日

膀胱炎の治療

膀胱感染を繰り返し起こす場合は、低用量の抗生物質を継続して服用します。

多量の水分を摂取することは、膀胱炎の予防に役立ちます。
尿が勢いよく流れることにより、多くの細菌が膀胱から押し出されます。
残りの菌は体の自然の防衛機能によって取り除かれるのです。

膀胱炎は、通常は抗生物質で治ります。
しかし、症状がない膀胱炎の治療にも抗生物質を使うと、抗生物質に耐性をもつ細菌を増殖させる可能性があり、かえって有害となるおそれがあります。

女性の場合、合併症が起こっていなければ、抗生物質を3日間服用すればたいていは効果がありますが、1回の服用で十分とみる医師もいます。男性の場合は投与期間が短いと再発を繰り返すため、一般に抗生物質を10〜14日間服用します。

さまざまな薬が膀胱炎の症状、特に頻繁に生じる強い尿意や排尿痛の症状を軽減するのに使われています。アトロピン系の薬は、切迫した尿意を引き起こす膀胱のけいれんを軽減します。フェナゾピリジン系の薬は、組織の炎症を和らげて痛みを軽減します。
タグ:膀胱炎 治療
posted by kaitenlife at 16:31| 膀胱炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。