2011年02月18日

尿路結石

結石は、尿路に形成される硬い固形物のことで、痛みや出血、尿流障害、感染などを引き起こすとされています。

結石ができた位置によって、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石などとも呼ばれるようです。
また、結石が生じる過程を、尿石症、結石症、腎石症などといわれます。

結石は高齢者や男性に多く生じています。
結石が形成する原因である、塩類で尿が過飽和状態になったり、尿中に結石形成を阻止する因子がないと結石ができてしまいます。

クエン酸は結石形成に関係するカルシウムと結合するために、阻止因子の1つと考えられています。
結石の約80%はカルシウム結石とされ、残りは尿酸、シスチン、スツルバイトなどさまざまな物質でできているようです。
結石は、高血圧や短小腸症候群などの病気をもつ人、食事が高タンパク質な人、水分の摂取が不十分な人などに多くみられる傾向があります。
ラベル:尿路結石
posted by kaitenlife at 12:41| 尿路結石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。