2011年03月23日

尿酸結石の診断

痛みを引き起こす結石は、
通常、背中と鼠径部(そけいぶ)の圧痛や、
明らかに原因がない、
陰部の痛みを伴う腎疝痛といった
症状に基づいて診断されるようです。

痛みが数時間以上続くか、
診断が確定できない場合以外は、
特に詳しい検査は
必要ないようです。

症状の有無にかかわらず、
尿検査で尿の中に
血液や膿がみられることも
あるようです。

カルシウム、シスチン、スツルバイトで
できている結石の場合は
腹部のX線検査や超音波検査で
見つかるのですが、
尿酸結石は多くの場合、
わからないようです。


<一度は受けたいマッサージ情報>
オイルマッサージを豊島区で受けたい
出張マッサージが大阪進出!
ラベル:尿酸結石
posted by kaitenlife at 19:45| 尿路結石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。