2011年03月29日

内臓疾患のサイン

内臓疾患は腰痛となって、
体に表れることがあります。

例えば、すい臓・腎臓の病気は、
腰の痛みとして表れます。

大腸がん・直腸がんを発症した場合は、
腰に鈍い痛みを引き起こすケースがあり
空腹時にお腹が痛いと感じる時は、
十二指腸潰瘍を発症している可能性がいあります。

また、女性の場合は、子宮筋腫、子宮内膜症、
卵巣腫瘍などの病気が原因で腰が痛むことがあります。

腰痛が内臓の不調からきているかを、
判断する簡単な目安は、
じっとしている状態でも腰が痛いかどうかです。

もし、じっとしていても
腰が痛むのならば、
内臓疾患の可能性があります。

《話題のマッサージサイト》
マッサージを大阪近辺で依頼するならこのサイト
アロママッサージを愛知エリアから検索
ラベル:病気の症状
posted by kaitenlife at 12:00| 腸の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。