2011年07月14日

糖尿病治療でのインシュリン注射

インスリン(インシュリン)注射とは、
体内のインスリン不足を体の外から補う事で
血糖値を下げる方法です。

インスリン依存タイプのケースでは、
自分の膵臓からインスリンを
ほとんど生成する事ができない為、
注射によってインスリンを補わなければなりません。

非インスリン依存タイプのケースだと、
先に食事療法と運動療法を行って
血糖を調整する事が必要です。

運動と食事に加え、経口薬を使っても、
脾臓からのインスリン分泌量が足りなかったり、
作用不足だったりで、血糖の調整が不可能なケースでは、
インスリン注射でインスリンを補わなければなりません。

▽マッサージ情報▽
マッサージ情報 in 広島
オイルマッサージ情報 in 柏市
posted by kaitenlife at 16:27| 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。