2011年02月08日

膀胱炎の診断

膀胱炎の診断は、その典型的な症状に基づいて行われます。

排尿時に最初に出てくる尿は取らず、途中の尿だけを採取します。
この尿に試験紙を浸し、すぐに結果がわかる2種類の簡単な検査を行います。
マッサージ 札幌 中央区をお試しかっ

普通は尿に混じっていない物質の有無を調べます。
1つは細菌が出す亜硝酸塩を検出する検査、もう1つは白血球エステラーゼを検出する検査です。白血球エステラーゼがあれば、体が尿から細菌を取り除こうとしているのがわかります。
採取した尿を顕微鏡で検査し、赤血球や白血球などが混じっていないかどうかを調べます。
細菌の数を数え、尿を培養して細菌の種類を同定します。
感染があれば、1種類の細菌が多数見つかります。
大阪 マッサージを調べる

男性の場合は、中間尿の検査でほぼ診断がつきます。
女性の場合は中間尿を採取しても、腟や外陰部から細菌が混入することがあります。
タグ:診断 膀胱炎
posted by kaitenlife at 16:07| 膀胱炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。