2011年03月30日

排尿障害の薬の副作用

排尿障害の一つに、
前立腺肥大症と呼ばれている症状があります。

前立腺肥大症に使われる治療薬は、
副作用の面から見ると、
比較的安全な薬剤が多いとされていますが、
全く副作用が、ないわけではありません。

比較的高い頻度で見られるとされる副作用は、
立ちくらみ、めまいなどと言われています。

また、アンチアンドロゲン薬の副作用には、
勃起能低下や循環器障害があるとされています。

この副作用は、前立腺肥大症の薬物療法の中で、
とくに注意しなければならないとされています。
タグ:排尿障害
posted by kaitenlife at 17:51| 尿が出ないとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。