2011年05月07日

尿道炎の治療

尿道炎の治療は、淋菌性の場合、
処方された抗菌薬を飲むことで治ります。

その治療期間は、7日ほどですが、
7日を過ぎても改善が見られい時は
非淋菌性の合併を疑いがあるので、
そのための治療を行なう必要が出てきます。

また、非淋菌性尿道炎、淋菌性尿道炎共に、
治療の原則となるのは薬物治療です。

その方法は、細菌に効果が期待出来る
抗生物質を投与することで治療します。

主治医に適切な抗生物質を選択して貰い、
しっかりと治療を行ないましょう。
ラベル:尿道炎 治療
【関連する記事】
posted by kaitenlife at 16:03| 尿道炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。