2011年05月21日

直腸炎の原因

直腸炎(ちょくちょうえん)は、血液が混入した
粘液の付いている便が出る病気です。

血液が混じった血便や、
下痢などの症状が現れることもあります。

直腸炎は、直腸の粘膜が炎症を生じて、
様々な症状を引き起こしてしまいます。

炎症が生じてしまう原因は、潰瘍性大腸炎、
クローン病、細菌やウイルスの影響の他に
抗生物質の服用や、放射線療法などが挙げられます。

直腸炎の治療を行なう時は、
直腸炎を引き起こしている原因を特定して、
原因に適した治療方法が選択されることになります。
posted by kaitenlife at 13:47| 直腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。