2011年06月17日

虫垂炎(盲腸)の症状

虫垂炎(盲腸)の、典型的な症状は、
心窩部(みぞおち付近)が痛むことです。

時間が経過してくると、その痛みは
右下腹部へと移動していくことが多いのが特徴です。

さらに、食思不振、嘔気、
発熱といった症状が出てくることもあります。

下腹部に鈍痛が出てくると、
抗菌薬で保存的に治療することがあります。

さらに症状が進んで、
腹膜刺激症状(腹膜炎)まで出現してしまうと、
手術を行うという方針が立てられます。

とはいえ、治療に、どのような方針が
立てられるかは、
ケースバイケースと言わざるをえません。

▼健康にも役立ってくれるマッサージの情報
http://www.tokyo-honpo.com/company.html
アロママッサージを千代田区で受けたいなら
ラベル:虫垂炎 盲腸
【関連する記事】
posted by kaitenlife at 18:41| 腸の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。