2011年07月05日

排尿障害とは

排尿障害は主に排尿に時間がかかるなどの症状が起きる障害です。

自覚症状が尿閉してからになる場合もあるため、
なかなか尿が出にくいと感じたらできるだけ早く医師に相談することが好ましいです。

また、尿が出にくいからといってお腹に力を入れて排尿しようとすると、
症状が悪化することもあります。

そのため尿を膀胱が出したいと感じているかどうかを感覚で把握してから、
適切な時に無理をせず排尿することが大切です。

尿が出にくいと感じたらできるだけ早く医師に相談することをおすすめします。
posted by kaitenlife at 17:37| 尿が出にくいとき・勢いがないとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。