2011年09月05日

診断がはっきりとしない場合

血液サンプルを採取して腎機能を調べていきます。

前立腺肥大症の人で前立腺癌が疑われる場合は、
血液中の前立腺特異抗原(PSA)の濃度も測定する、
PSA検査も行います。

また、感染の有無をみるために、
尿サンプルを調べる場合もあるようです。

通常はこれらの検査で十分なのですが、
診断がはっきりとしない場合や、
前立腺肥大症の進行程度がわからない場合は、
さらに検査を行っていきます。

▼マッサージ関連のオススメサイト▼
マッサージ 豊島区
出張マッサージ 奈良
タグ:PSA検査
posted by kaitenlife at 14:56| 前立腺肥大症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。