2011年05月21日

直腸炎の原因

直腸炎(ちょくちょうえん)は、血液が混入した
粘液の付いている便が出る病気です。

血液が混じった血便や、
下痢などの症状が現れることもあります。

直腸炎は、直腸の粘膜が炎症を生じて、
様々な症状を引き起こしてしまいます。

炎症が生じてしまう原因は、潰瘍性大腸炎、
クローン病、細菌やウイルスの影響の他に
抗生物質の服用や、放射線療法などが挙げられます。

直腸炎の治療を行なう時は、
直腸炎を引き起こしている原因を特定して、
原因に適した治療方法が選択されることになります。
posted by kaitenlife at 13:47| 直腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

直腸炎の治療

▼マッサージ関連のオススメサイト▼
マッサージは北浜でも受けられます
大阪で人気のマッサージ店 口コミ情報

直腸炎の治療として、細菌感染症が原因なら、
抗生物質の投与が最も有効とされています。

抗生物質の使用により常在菌が
減少したことが原因の場合は、
メトロニダゾールやバンコマイシンを投与して
常在菌に取って代わった有害な細菌を
駆除していくようです。

放射線療法が原因だったり原因不明の場合では、
ヒドロコルチゾン(コルチコステロイド薬)や
メサラミンといった抗炎症薬を投与することで
症状が改善されていくのです。

ヒドロコルチゾンとメサラミンは
注腸または座薬で投与されています。

ステロイド薬の中には、泡状のものもあるようで、
プランジャーつきのカートリッジを使用して
腸に注入するケースもあるようです。
タグ:直腸炎
posted by kaitenlife at 14:42| 直腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

直腸炎の症状と診断

直腸炎の典型的な症状としては、
痛みを伴わない出血や、直腸からの粘液の流出があげられます。

しかし、原因となっているものが
淋菌感染症、単純ヘルペスウイルス、サイトメガロウイルス感染症
などのときには、肛門と直腸が
激しく痛みを感じる場合があるようです。

診断としては、肛門鏡やS状結腸鏡検査で
直腸の粘膜を採取し検査して、
原因とみられる細菌、真菌(カビや酵母)、
ウイルスなどを特定するようです。

また、大腸内視鏡検査やバリウム注腸検査によって
腸のほかの部位を調べる場合もあるようです。
posted by kaitenlife at 16:18| 直腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

直腸炎とは

直腸炎を患う人が増加してきている傾向が
見られていますが、これには
多くの原因が考えられているようです。

クローン病や潰瘍性大腸炎が原因で
生じる場合もあるようですし、
淋菌感染症、梅毒、クラミジア‐トラコマチス感染症、
単純ヘルペスウイルス、サイトメガロウイルス感染症、
などの性感染症、
特に男性の同性愛行為なども
原因となっているようです。

▼マッサージ関連のオススメサイト▼
オイルマッサージを受けに渋谷に行きましょう
マッサージ店を東京でお探しの方

免疫系に障害がある患者も
直腸炎を発症するリスクが高いとされていて、
特に単純ヘルペスウイルスや
サイトメガロウイルスによる感染症が
原因となる場合が多くなっているそうです。
タグ:直腸炎
posted by kaitenlife at 16:06| 直腸炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。