2011年09月05日

診断がはっきりとしない場合

血液サンプルを採取して腎機能を調べていきます。

前立腺肥大症の人で前立腺癌が疑われる場合は、
血液中の前立腺特異抗原(PSA)の濃度も測定する、
PSA検査も行います。

また、感染の有無をみるために、
尿サンプルを調べる場合もあるようです。

通常はこれらの検査で十分なのですが、
診断がはっきりとしない場合や、
前立腺肥大症の進行程度がわからない場合は、
さらに検査を行っていきます。

▼マッサージ関連のオススメサイト▼
マッサージ 豊島区
出張マッサージ 奈良
タグ:PSA検査
posted by kaitenlife at 14:56| 前立腺肥大症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

前立腺肥大症の診断

前立腺肥大症の診断としては、
直腸診で前立腺に触れて、
肥大の有無を調べるようです。

医師は手袋をして潤滑剤をつけた指を
直腸に挿入します。

あお向けに寝たときに、
直腸の上にあるのが前立腺なのです。

前立腺肥大症の前立腺は肥大して、
なめらかな手ざわりなのですが、
触れても患者に痛みはないようです。
posted by kaitenlife at 18:58| 前立腺肥大症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

尿閉になってしまうこともある

前立腺肥大症によって、
閉塞が長びいてしまえば
膀胱が伸びきった状態になってしまいます。

すると、膀胱と一緒に、
膀胱や尿道の小静脈も引き伸ばされてしまうため、
排尿しようと力を入れたときに、
静脈が破裂してしまって、
血尿が生じてくるケースがあるようです。

尿閉になってしまうこともあるようで、
尿がまったく出なくなってしまい、
下腹部に膨満感と強い痛みが生じてしまいます。
タグ:尿閉
posted by kaitenlife at 18:18| 前立腺肥大症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

尿閉状態になってしまうと

前立腺肥大症によって、
尿道が閉塞して尿閉状態になってしまうと、
膀胱内の圧力が上がってしまい、
腎臓から尿が流れにくくなっていき、
腎臓に大きな負荷がかかってしまうのです。

圧力の増大は、腎機能を損なうおそれがあるのですが、
閉塞が早く解消されると、
一時的な影響だけで済むようです。

閉塞が長びいてしまうと
膀胱が伸びきった状態になって、
尿があふれ出るようになっていきます
タグ:尿閉状態
posted by kaitenlife at 19:26| 前立腺肥大症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

前立腺肥大症の症状

前立腺が肥大することで尿の流れが悪くなってしまうと、
前立腺肥大症の最初の症状が現れてきます。

まず、尿が出にくくなってきて、
残尿感を感じることが起こってきます。

▼マッサージ関連のオススメサイト▼
マッサージといえば栃木なイメージがあります
リンパマッサージは京都市右京区がオススメです

膀胱が完全に空にならないため、
排尿回数が増えて、
夜にもたびたびトイレに通うようになってきて(夜間多尿)、
排尿への要求が切迫してくるのです。

尿の量が大幅に減ってしまい、勢いが弱まってくると
排尿が終わるときには尿がポタポタと滴るようになってきます。
posted by kaitenlife at 17:56| 前立腺肥大症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。