2010年12月06日

精巣捻転症

・精巣捻転症
睾丸は精索という管で身体と繋がっています。
その精索の中に睾丸の動脈・静脈と精子を運ぶ精管があります。
睾丸自体は陰嚢内で導帯等で付着して動き回らないように、普段はある程度固定されているものです。
しかし、その付着が少ない場合や、付着がないといった場合は、陰嚢内で睾丸が動いたり回転することがあります。
そして、睾丸が何かの拍子に回転したときに精索が何回転もよじれて元に戻らなくなり、そのせいで血流が障害されることがあります。
すると睾丸が虚血、し精管や睾丸がむくんでさらに血流が障害されるので、ついには全く血流がなくなります。
このときは睾丸がとても痛くなり、大きく腫れ上がり、そのまま放置するとついには睾丸組織が死んでしまいます。

・症状
睾丸、陰嚢、精索の腫脹・浮腫・痛みがあります。
排尿はできます。

・治療法
精索のねじれを元に戻します。
時間がたつと睾丸組織が死んでしまいます。
ねじり返してねじれを元に戻せない場合などは、緊急手術が必要となります。
タグ:睾丸
posted by kaitenlife at 19:32| 精巣捻転症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。