2012年12月28日

尿道の痛み



排尿時に尿道に痛みが走れば、男性の場合はそれが強い場合はすぐに淋病感染を疑った方が良いでしょう。

基本的に男性が性器に強い痛みを感じる性病の種類というものは、淋病のほかには性器ヘルペス程度しかありません。

たまにトリコモナスの感染によって痛みが発生する場合もあるようですが、その場合は大して強い痛みを感じないようになっています。

また、ヘルペスの症状は発症した場合見た目ですぐわかるものとなっていますから、性器の見た目に変化がなく、排尿時に痛みがあればそれは淋病の発症だと断定してしまってもいいでしょう。

また、膿が尿道より発生した場合はほぼ確実に淋病であると言えます。

なんであれ以上が見つかればすぐに医師の検査を受けるようにしてください。

posted by kaitenlife at 19:08| 尿が出にくいとき・勢いがないとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

前立腺肥大症による症状

よく残尿感に悩まされ、何度もトイレに行っても尿が出し切れないように感じているのであれば、それは前立腺肥大症が進行したことによる症状が現れているのかもしれません。

前立腺肥大症は進行すると、前立腺が大きくなった分尿道を圧迫してしまい、
尿の排出が困難になってしまいます。
その結果膀胱にいくらか尿が残ってしまうのです。

最悪の場合は尿閉などが起こり得るため、
症状が悪化するのであればできるだけ早く医師に相談して治療を行うべきです。
posted by kaitenlife at 13:00| 尿が出にくいとき・勢いがないとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

排尿障害とは

排尿障害は主に排尿に時間がかかるなどの症状が起きる障害です。

自覚症状が尿閉してからになる場合もあるため、
なかなか尿が出にくいと感じたらできるだけ早く医師に相談することが好ましいです。

また、尿が出にくいからといってお腹に力を入れて排尿しようとすると、
症状が悪化することもあります。

そのため尿を膀胱が出したいと感じているかどうかを感覚で把握してから、
適切な時に無理をせず排尿することが大切です。

尿が出にくいと感じたらできるだけ早く医師に相談することをおすすめします。
posted by kaitenlife at 17:37| 尿が出にくいとき・勢いがないとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

尿が出にくいとき・勢いがないときに考えられる病気

尿が出にくいとき・勢いがないときに考えられる病気

六十才以上の男性なら、前立腺肥大症、膀胱頚部硬化症、尿道狭窄、前立腺癌。
六十才未満の男性なら、急性前立腺炎、慢性前立腺炎。

女性なら、神経因性膀胱、膀胱炎。

子供のなかで男子なら、亀頭包皮炎、尿道弁・先天性尿道狭窄。

血尿を伴い尿が途切れる場合には、膀胱結石、膀胱癌、膀胱出血。

尿の濁りを伴う場合には、膀胱炎、膀胱結核。

ほかに膀胱の機能異常(神経因性膀胱)や脳梗塞・脳出血の後遺症で尿が近くなることもあります。
また、レアケースですが男女を問わず自律神経系や脊髄・小脳の病気で尿の回数が増えることもあります。
そのほか、膀胱結石、膀胱癌等でも尿の回数は多くなります。
posted by kaitenlife at 18:14| 尿が出にくいとき・勢いがないとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。