2011年08月01日

頻尿対策

頻尿を治すためには第一に医師に相談した上で対策を行うことが大切です。
ですが自分で独自にできる対策法もいくつか存在します。

たとえば尿道括約筋を鍛えるストレッチは効果が大きいです。
下腹部に力を入れて尿道を引き締めることを数回繰り返すのです。

他にも利尿効果の高いコーヒーなどを飲みすぎないなどの対策法もあります。

医師の指示に従うことが一番ですが、
自分でも何か対策をしたいという方はこれらの方法を試してみてください。
posted by kaitenlife at 15:24| 尿の回数が多いとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

糖尿病治療でのインシュリン注射

インスリン(インシュリン)注射とは、
体内のインスリン不足を体の外から補う事で
血糖値を下げる方法です。

インスリン依存タイプのケースでは、
自分の膵臓からインスリンを
ほとんど生成する事ができない為、
注射によってインスリンを補わなければなりません。

非インスリン依存タイプのケースだと、
先に食事療法と運動療法を行って
血糖を調整する事が必要です。

運動と食事に加え、経口薬を使っても、
脾臓からのインスリン分泌量が足りなかったり、
作用不足だったりで、血糖の調整が不可能なケースでは、
インスリン注射でインスリンを補わなければなりません。

▽マッサージ情報▽
マッサージ情報 in 広島
オイルマッサージ情報 in 柏市
posted by kaitenlife at 16:27| 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

排尿障害とは

排尿障害は主に排尿に時間がかかるなどの症状が起きる障害です。

自覚症状が尿閉してからになる場合もあるため、
なかなか尿が出にくいと感じたらできるだけ早く医師に相談することが好ましいです。

また、尿が出にくいからといってお腹に力を入れて排尿しようとすると、
症状が悪化することもあります。

そのため尿を膀胱が出したいと感じているかどうかを感覚で把握してから、
適切な時に無理をせず排尿することが大切です。

尿が出にくいと感じたらできるだけ早く医師に相談することをおすすめします。
posted by kaitenlife at 17:37| 尿が出にくいとき・勢いがないとき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

頻尿になってしまう原因

糖尿病を患うと、その症状として尿の量が多くなることが知られています。

その上に水分摂取量が増加すれば、尿の量やトイレに行く回数が必然的に増えるということになり、
頻尿となってしまいます。

この他には、前立腺肥大症が原因となる尿排出障害などによって強い残尿感を覚えるようになっても、
トイレが近くなってしまいます。


また、利尿剤のような薬剤投与が引き起こす多尿があります。

治療の手段のひとつとして利尿剤を利用した場合も、
頻尿となる原因になります。


▼毎日お疲れさまです。そんなあなたのもとへ
出張マッサージ師が北区から伺います
タグ:頻尿 原因
posted by kaitenlife at 11:53| 尿失禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

尿閉になってしまうこともある

前立腺肥大症によって、
閉塞が長びいてしまえば
膀胱が伸びきった状態になってしまいます。

すると、膀胱と一緒に、
膀胱や尿道の小静脈も引き伸ばされてしまうため、
排尿しようと力を入れたときに、
静脈が破裂してしまって、
血尿が生じてくるケースがあるようです。

尿閉になってしまうこともあるようで、
尿がまったく出なくなってしまい、
下腹部に膨満感と強い痛みが生じてしまいます。
タグ:尿閉
posted by kaitenlife at 18:18| 前立腺肥大症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。